メニュー

前立腺の病気

前立腺の病気には慢性前立腺炎、急性前立腺炎、前立腺肥大症、前立腺癌などがあります。

 

 

慢性前立腺炎  

あまり知られていない病名ですが、罹患されている男性は多く、すでに治療 中でなかなか良くならず悩んでおられる方も多いと思われます。

命に関 わる病態ではありませんが、ご本人にとっては深刻な症状であることも珍しく ありません。大病院ではまともに取り合ってもらえませんが、泌尿器科開業医 の間では大変重要な疾患です。  

20歳以上の男性に多く見られ、睾丸、陰嚢、鼠径部、下腹部、尿道、会陰部 、肛門周囲などに違和感や鈍痛などが起こります。原因としては感染症のほか 自転車やバイク、車の運転などで長時間の会陰部の圧迫が原因であることもあ ります。  

教科書的には慢性細菌性前立腺炎、慢性非細菌性前立腺炎、無症候性炎症性 前立腺炎などに分類されますが、女性にも慢性骨盤痛症候群という似たような 病態の存在が知られています。  

診断は問診の他、検尿、前立腺分泌液の検鏡、直腸診などで総合的に判断します。

治療には抗生剤の投与を行いますが、比較的長期の服用が必要になります。なぜなら前立腺は抗生物質が届きにくい臓器であるからです。またセルニルト ンという植物製剤を併用したりします。また前立腺内に老廃物や白血球が分泌したサイトカインを含んだ体液が症状を起こしている可能性があり、頻回の射 精を指導したり、前立腺のマッサージを行ったりします。治療には比較的長期間を有しますが、一生続くわけではありません。

信頼できる主治医とともにテ ーラーメイドした治療を2人3脚で進めることが肝要です。

 

 

急性前立腺炎  

慢性前立腺炎とは明らかに異なる細菌感染による疾患です。排尿時痛ととも に発熱、悪寒などが認められます。急性膀胱炎とは比較にならないほど臨床的 インパクトがあり、早期に適切な治療をしないと、短時間で重症化に至り、敗血症など命に関わる重症に移行する危険があります。風邪のような感覚で自己判断をして様子を見てしまうことがあり、重症化の一因と成っています。  

発熱があまり無い場合は抗生物質の内服で治癒することがありますが、多く の場合点滴による抗生物質が必要で、入院管理が望ましい場合も少なくありません。

また通常の抗生物質に耐性を獲得した大腸菌が原因となることがあり、その場合はタイミングを逸することなく、強力な抗生物質に変更しないといけません。自分ではそれほど重症感がなくても泌尿器科専門医の主治医の指示をしっかり聞いて従うことをお勧めします。

 

 

前立腺肥大症  

前立腺は男性のみ持っている臓器です。膀胱の出口にあり、精液を作ってい ます。成人ではクルミくらいの大きさですが、45歳あたりから少しずつ大きくなっていきます。前立腺は内腺と外腺と言って内側部分と外側部分からなり、 前立腺肥大症は内腺から発生します。そのため尿が出にくいとか尿が近いとい った排尿症状が出やすくなります。

その他の症状としては夜間頻尿、残尿感、 尿腺途絶、遷延性排尿(排尿に時間がかかる)などがあります。

特に留意しなければいけないのは、高圧排尿(力んでおしっこをする状況)が長期間に及ぶと、膀胱機能の劣化を招き、最終的には腎臓の障害を引き起こしてしまうことです。そうした状態から治療を開始するのは大変になりますので、夜間頻尿が 2回以上、少し力まないと尿が出しづらいとなったら治療開始するタイミング となります。  

検査としては問診で国際前立腺症状スコアという数分でできるチェックを行い、採血で癌がないか確認し、尿検査や超音波を用いた残尿測定を行います。 注意深い問診が最も重要で、リスクや疼痛を伴う造影検査、内視鏡などはほとんど行わないで、適切な治療することが可能です。  

治療にはお薬を服用する薬物療法と手術療法がありますが、最近ではお薬が 非常に良くなってますので、手術が必要となることは稀です。お薬もいろいろな種類があり、年齢、合併症有無、症状の強さなどにより適切に使い分けます。

手術が必要な場合は内視鏡手術やレーザーを用いた手術の実績が豊富な関連施設にご紹介いたします。一方で尿閉(おしっこを自分で出せなくなること)と なり尿を出す管を膀胱に留置され、手術が必要と言われたケースでも薬物療法 のみで管が外れて自分で排尿できるようになった方もこれまで多数おられますので、当院にご相談ください。

 

 

前立腺癌  

前立腺癌は日本人男性の癌として1位となりました。身近な方や著名人など に前立腺癌になったという話はどなたでも聞いたことがあるのではないでしょ うか?

前立腺癌は他の癌と異なり、採血だけで早期発見と根治が可能です。一 方で自覚症状が出てからの発見では根治できないことが多くなります。なぜならば前立腺癌は前立腺肥大症と異なり、前立腺の外側から発生しやすいからです。

現在癌スクリーニングで使用されているPSA(前立腺特異抗原)が登場する前は、前立腺癌が最も転移しやすい骨に転移して痛みで整形外科を受診して から初めて泌尿器科に紹介されてくることが一般的でした。現在ではPSAが前 立腺癌検診で普及し、転移を起してから診断される前立腺癌はかなり少なくな ってきました。  

しかしPSAは前立腺特異抗原と言って前立腺以外の異常で上がることはないのですが、前立腺癌特異抗原ではないため、癌以外の原因で上がってくること があります。特に要注意なのが、前立腺炎でも上昇をきたしますので、その原因が細菌性前立腺炎である場合、癌の診断目的で前立腺生検という組織検査のため前立腺を針で刺した場合、細菌が全身に回って発熱し、運が悪いと敗血症という命に関わる合併症を起こしてしまうことです。  

そのため年齢、合併症有無、PSAの動きなど総合的に判断して、前立腺生検 と前立腺癌の診断がその患者さんにとって利益となることかどうかをよく見極 めて前立腺生検の適応を判断する必要があります。  

治療には内分泌療法、放射線療法、手術療法に大別され、また各々はさらに 細分化されます。場合によっては何もしないで経過を診ていくこともあります 。いずれ前立腺限局癌では一部の稀な組織型を除いて長期予後が期待できます 。

PSA検査は前立腺癌の予後改善に貢献したとする報告と、そうではないとして推奨しないとする報告があり、統一した見解に至っていません。またPSA検診による無駄な前立腺生検と有害事象及び医療費高騰に対する懸念が存在して いることも否定できません。  

しかし癌家系の方、特に血縁者に前立腺癌や乳癌の方がおられる場合、欧米化した食生活をされてきた方は50歳になったらPSAを一度測ってみる必要はあ るかもしれません。いずれにせよ信頼のおける泌尿器科専門医のかかりつけ医 を持っておくことが肝要です。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME