メニュー

精管結紮(パイプカット)

ノースカルペルバセクトミー(メスを使用しないパイプカット)

No scalpel Vasectomy (NSV)とは?

Scalpelとはメスのことでバセクトミーはパイプカットの正式名称です。
NSVはメスを使用せずに陰嚢に穴を開けて精管を結紮する方法で、欧米諸国では標準治療になっています。

日本ではまだ普及しておらず、傷の大きいバセクトミーが行われています。

NSVは特殊な器具とテクニックを必要としますが、メスを使用しないので低侵襲で短時間の手術が可能になります。
また陰嚢に数ミリ程度の穴をあけるだけなので、従来法に比べて手術中の痛みや出血が少なく、術後合併症も格段に少なくなり傷の治りも格段に違います。

従って、アメリカ泌尿器科学会やヨーロッパ泌尿器科学会もNSVを奨励しています。

 

バセクトミーの現状

世界で最も多用されている避妊方法の一つです。

精子が通る管を「精管」と呼び、精子の製造工場である精巣から前立腺に向かって2本の精管がのびています。 バ
セクトミーは陰嚢内で両側の精管を結紮、切断する手術のことです。

数ある避妊方法の中で、最も安全で優れた避妊方法の一つであり、ニュージーランドで5人に1人、米国、オランダ、韓国、オーストラリアでは10人に1人の割合で行われている手術です。

日本では美容外科医がバセクトミーを行うことが多いようですが、諸外国では泌尿器科医を中心に行なわれています。 アメリカの有名大学病院でもNSVは行われています。

日本の現状では専門外の美容外科医による施術が横行しておりトラブルもあるようです。
将来的にはNSVが日本でも標準治療になるとは思いますが、当クリニックは東北初の泌尿器科医によるNSV実施施設となります。

 

 

他の避妊法との比較

世の中には様々な避妊法があります。それぞれの避妊率をまとめました。

 

 

避妊側

避妊率

欠点

バセクトミー

男性

99.5%

再吻合は可能だが大変

コンドーム

男性

84%

避妊率低い

ピル

緊急ピル

女性

92-97%

89%

性欲低下、副作用、静脈血栓症のリスク

子宮内避妊器具 (IUD)

女性

99.2-9%

体内異物のリスク、ピルと同様の副作用あるものも、生理が変化する可能性あり

卵管結紮術

女性

99.0 %

バセクトミーより格段に体の負担が大きく奨励されない。

 

バセクトミーに関するQ&A

  1. 性欲がなくなってしまうのでは?

バセクトミーをすると精力がなくなってしまうと考えている人が多いようですが、そのようなことはありません。バセクトミーは家族計画のためグローバルスタンダードな避妊法です。性機能や性欲は変わりがないことが報告されています。それ以上にパートナーとの関係に満足している人が多いようです。

  1. 精液が出なくなってしまうのでは?

精液が出なくなってしまうとご心配数する方もいらっしゃいます。精液の成分は殆どが精嚢と前立腺液で作られています。これらの精液は引き続き出ますが、その中に精子がいなくなるだけです。ですから、射精に関しては変化することはありません。

  1. 他の病気にかかりやすくなってしまうのでは?

以前はバセクトミーをすると心臓病、脳卒中、高血圧、痴呆、精巣腫瘍、前立腺癌のリスクが上昇するといったことも話題になったようですが、現在までの研究で何ら関係のないことが証明されています。

  1. 手術中の痛みはどうですか?

麻酔が適切に効いていないとバセクトミーは時としてひどい痛みを伴うものになります。当院では手術を行う前に局所麻酔が含まれた麻酔クリームを塗布することにより、局所麻酔の針を刺す時でさえ痛みを取り除きます。このような工夫により、NSVは低侵襲で行うことができるようになりました。

  1. 術後のフォローは

術後3日目より射精はしても構いません。術後の1ヶ月程度で精液検査を行います。それまでは避妊をしてください。

 

バセクトミーを受ける前に知って頂きたいこと

多くの手術がそうであるように、バセクトミーを受ける前に十分な説明と理解をされていることがとても大切になります。バセクトミーは永久的な避妊を意図して行うものです。しかし以下のような可能性も考えられます。

  • 術後に無精子もしくは不動精子を確認しても予期せぬ妊娠が1/2000に起こるとされており、避妊率は完全にゼロにはなりません。それでもほかの方法より格段に低いので避妊法としてのメリットは際立っています。
  • バセクトミー後に新たなパートナーと子供を作りたい、という場合も稀ですが起こり得ます。当院では再吻合手術を実施している医療機関を紹介することが可能です。しかし精管再吻合手術は最低3泊の入院になり、技術的には可能ですが完全にうまくいく保証はありません。

 

最後に

この手術を希望される方は必ずパートナーと相談して、双方の合意のもと施術を受けることを決めてください。

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME