メニュー

精管結紮(パイプカット)

パイプカットとは?

パイプカットという手術は、精管を縛ることにより睾丸から精子が精液の中に送り出されるのを防ぐ、男性が受ける避妊手術です。実際のパイプカットでは陰嚢に局所麻酔をした後、1cmほどの小切開をメスで入れて、精管を糸で縛って切断します。ノンスカルペルというメスを使用しない方法もありますが、操作性が悪いことにより微量の精子が手術後精液中に残存する方がこれまでに実際にしばしば見受けられ、そのため当院ではノンスカルペルの術式は採用せず、より確実性の高い小切開手術によるパイプカットを採用しております。小切開手術では精管を単に縛って切断するだけでは無く、精管が自然に再疎通することがないよう、より手の込んだ工夫を取り入れることができます。
 

手術を受けようと考えている患者さんへ

世の中には様々な避妊法があります。コンドームは避妊率が低く、ピルは副作用の懸念があります。女性の避妊法として卵管結紮術がありますが、男性の手術は女性と比べて負担が少ないと言えます。

 精管結紮術卵管結紮術
手術部位 皮膚の下 お腹の中
手術時間 30分 1時間
入院 不必要 必要
麻酔 局所麻酔(小) 腰椎・全身麻酔(大)
身体への負担 殆ど無し 大きい
危険性 殆ど無し 有り
副作用 殆ど無し 有り
術後の苦痛 殆ど無し 大きい

手術前の注意点

当院ではまず初診時にご夫婦で受診していただくことを基本としています。その理由は、パイプカットは本来、家族計画のために行うもので、パートナー(奥様)の同意が必須であるからです。また、以下のことに留意していただく必要があります。

手術後に性欲がなくなったり、精液が出なくなったりするとお考えの方もいますが、それは正しくありません。パイプカットは精子の通り道を切断するだけで、精液そのものの通り道はそのままです。同様にホルモンバランスに影響を与えないため性欲がなくなることもないです。

パイプカット2週間後に傷の確認、1ヶ月後、2ヶ月後の精液検査が必要になります。基本的にパイプカットは永久避妊法ですが、術後の精液検査で精子が認められなくなっても、2000分の1の確率で自然妊娠の可能性があるとされているようです。しかしこうした自然妊娠のリスクには術者の力量次第で相当開きがあると言って間違い無いでしょう。

最後に

この手術を希望される方は必ずパートナーと相談して、双方の合意のもと施術を受けることを決めてください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME