メニュー

院長ブログ

東北大学病院産婦人科の立花眞仁先生がmicro TESE/TESEの見学に来られました!(2022.01.25更新)
東北大学病院産婦人科准教授の立花先生が培養士さんを連れて当院のmicro TESE/TESEの見学に来られました。 立花先生は東北大学のリプロダクショングループのトップを勤められており、小生が2004年に東北大学病院在籍中、セルトリオンリーの方(現在子供さんが2人おられる)から初めて精子回収に成功した際に組織中の精子を発見してくださった先生です。 基礎研究でも医学系のトップジャーナルであるCellに論文を掲載されておられ、宮城県ではただお一人日本生殖医学会の役員も勤められています。 幸い精子も無事回収され、現在行われている手技の実際などをご覧いただきました。

筑波学園病院泌尿器科の山崎一恭先生がFNA Mappingの見学に来られました!(2022.01.25更新)
日本生殖医療学会認定専門医で男性不妊診療エキスパートの山崎先生がFNA Mappingの見学に来られました。 FNA Mappingの実際を見学されて感銘を受けられてました。 茨城特産のお芋をたくさん持ってきてくださいました。 今年は学会等3つの団体からFNA Mappingの講演依頼が来ており、FNA Mappingの認知度を上げていけるよう頑張っていきたいと思います。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME