メニュー

これまでの主な学術業績

主な論文及び著書(2000年〜)

1: 山岸敦史 滝口規子 菅藤哲 笹川五十次 白石晃司 土谷順彦 精索ブロックと精索静脈瘤手術が有効であった鼠径ヘルニア術後の慢性疼痛 臨床泌尿器科 2017年

2: Hoshi S, Numahata K, Kanno H, Sato M, Kuromotmo A, Nezu K, Sakai T, Konno C, Ishizuka Y, Izumi H, Taguchi K, Ono K, Hoshi K, Kanto S, Takahashi R, Vladimir B, Akimoto N, Sasagawa I, Ohta S. Updated recommendation on molecular-targeted therapy for metastatic renal cell cancer. Mol Clin Oncol. 2017

3: Kanto S. Editorial Comment from Dr Kanto to Testicular sperm extraction for patients with spinal cord injury-related anejaculation: A single-center experience. Int J Urol. 2016

4: Kanto S, Grynberg M, Kaneko Y, Fujita J, Satake M. A variant of Runx2 that differs from the bone isoform in its splicing is expressed in spermatogenic cells. Peer J. 2016.

5: 菅藤哲 笹川五十次 ART時代の男性不妊診療 いま泌尿器科医に求められていること 精索静脈瘤手術—泌尿器科医がせずして誰がするー 臨床泌尿器科 2016年

6: Kanto S, Yamasaki K, Iwamoto T. Progressing management of non-obstructive azoospermia in the era of microdissection testicular sperm extractin. Reproductive Medicine and Biology. 2014.                                         

7: 菅藤哲 男性不妊症の検査 micro TESE 山王病院不妊治療メソッド 金原出版 2013年 

8: 岩本晃明 菅藤哲 山崎一恭 渡邊倫子 男性不妊の原因—原因究明の戦略 日本医師会雑誌 2012年 

9: 菅藤哲 山崎一恭 辻祐治 岩本晃明 無精子症360例に対して実施したsimple/microdissection TESEの追跡調査結果 産婦人科の実際 金原出版 2012年

10: 菅藤哲、 岩本晃明 精索静脈瘤 生殖医療ガイドブック 日本生殖医学会編 金原出版 2010年

11: 菅藤哲 岩本晃明 男性不妊 産婦人科の実際 外来診療マニュアル 金原出版 2010年

12: Kyono K, Nakajo Y, Nishinaka C, Araki Y, Doshida M, Toya M, Kanto S. A birth of twins-one boy and one girl-from a single embryo transfer and a possible natural pregnancy. J Assist Reprod Genet. 2009.    

13: Kanto S, Uto H, Toya M, Ohnuma T, Arai Y, Kyono K. Fresh testicular sperm retrieved from spinal cord injured men retains equal fecundity to that from obstructive azoospermic men via ICSI. Fertil. Steril. 2009. 

14: 菅藤哲 小児精巣腫瘍の臨床的特徴と治療成績 ウロロジービュー メジカルビュー社 2009年

15: 菅藤哲 戸屋真由美 宇都博文 安田師仁 土信田雅一 中條友紀子 熊谷志麻 菅原準一 京野廣一 非閉塞性無精子症に体する顕微鏡下精巣内精子採取の臨床と実際 産婦人科の実際 金原出版 2008年

16: Kanto S, Sugawara J, Masuda H, Sasano H, Arai Y, Kyono K. Fresh Motile Testicular Sperm Retrieved from Non-Obstructive Azoospermic Patients has the Same Potential to Achieve Fertilization and Pregnancy via ICSI as Sperm Retrieved from Obstructive Azoospermic Patients. Fertil. Steril. 2008. 

17: Kanto S, Tokuyama S, Numahata K, Nakagawa H, Saito S, Arai Y. Occult lumbar vertebral body metastasis of non-seminomatous germ cell tumor eradicated by radiation and salvage surgery 9 years after initial onset. Nippon Hinyokika Gakkai Zasshi. 2007.      

18: Ishii T, Kohu K, Yamada S, Ishidoya S, Kanto S, Fuji H, Moriya T, Satake M, Arai Y. Up-regulation of DNA-methyltransferase 3A expression is associated with hypomethylation of intron 25 in human testicular germ cell tumors. Tohoku J Exp Med. 2007.

19: Kanto S, Takahashi K, Maehara I, Fukuzaki A, Kyono K, Arai Y. Incidental testicular cancers that subsequently developed in oligozoospermic and azoospermic patients; report of three cases. Fertil Steril. 2007.        

20: Kyono K, Uto H, Nakajo Y, Kumagai S, Araki Y, Kanto S. Seven pregnancies and deliveries from non-mosaic Klinefelter syndrome patients using fresh and frozen testicular sperm. J Assist Reprod Genet. 2007.

21: 菅藤哲 前原郁夫 斎藤敏典 福崎篤 初老期に発見されたXX maleの1例 泌尿器外科 2006年

22: Yamada S, Kohu K, Ishii T, Ishidoya S, Hiramatsu M, Kanto S, Fukuzaki A, Adachi Y, Endoh M, Moriya T, Sasaki H, Satake M, Arai Y. Gene expression profiling identifies a set of transcripts that are up-regulated inhuman testicular seminoma. DNA Res. 2004.

23: Kanto S, Saito H, Ito A, Satoh M, Saito S, Arai Y. Clinical features of testicular tumors in children. Int J Urol. 2004.

24: Kanto S, Hiramatsu M, Suzuki K, Ishidoya S, Saito H, Yamada S, Satoh M, Saito S, Fukuzaki A, Arai Y. Risk factors in past histories and familial episodes related to development of testicular germ cell tumor. Int J Urol. 2004.

25: Kanto S, Hiramatsu M, Takeuchi A, Ohyama C, Sato M, Saito S, Fukuzaki A, Endo M, Arai Y. Carcinoma in situ detected by contralateral testicular biopsy of 55 germ cell tumor patients. Nippon Hinyokika Gakkai Zasshi. 2004.

26: Tokuyama S, Saito S, Takahashi T, Ohyama C, Ito A, Kanto S, Satoh M, Hoshi S, Endoh M, Arai Y. Immunostaining of stage-specific embryonic antigen-4 in intratubular germ cell neoplasia unclassified and in testicular germ-cell tumors. Oncol Rep. 2003.

27: Ohyama C, Kanto S, Kato K, Nakano O, Arai Y, Kato T, Chen S, Fukuda MN, Fukuda M. Natural killer cells attack tumor cells expressing high levels of sialyl Lewis x oligosaccharides. Proc Natl Acad Sci U S A. 2002.

28: Kanto S, Ohyama C, Okada Y, MitSukawa S, Takemoto J, Hoshi S, Orikasa S. Clinical features of prostate cancer patients younger than 50 years: report of seven cases. Int J Urol. 2002.

29: Kanto S, Chiba N, Tanaka Y, Fujita S, Endo M, Kamada N, Yoshikawa K, Fukuzaki A, Orikasa S, Watanabe T, Satake M. The PEBP2beta/CBF beta-SMMHC chimeric protein is localized both in the cell membrane and nuclear subfractions of leukemic cells carrying chromosomal inversion 16. Leukemia. 2000.

主な講演と学会発表(2013年〜)

1:菅藤哲 白血病完全寛解導入後骨髄移植した無精子症に対してmicrodissection TESEを実施し運動精子を回収した2例 第61回日本生殖医学会総会 2017年

2:菅藤哲 非ホジキンリンパ腫StageⅢの完全寛解後無精子症に対してmicrodissection TESEにより回収した運動精子を顕微授精し良好胚盤胞が得られた1例 第61回日本生殖医学会総会 2017年

3:菅藤哲 laparoscopic varicocelectomyで安易に精巣動脈温存を試みるのは精索静脈瘤の根治性を損なう可能性がある 第61回日本生殖医学会総会 2016年

4:菅藤哲 microdissection TESEで精子回収不可であった症例に対してrFSH(ゴナールエフ)とhCG投与により射出精子が出現した3症例の報告 第21回関東アンドロロジーカンファレンス 2016年

5: 菅藤哲 山形徳洲会病院における2014年度男性不妊手術実績 第19回関東アンドロロジーカンファレンス 2015年

6: Kanto S. Clinical significance of varicocelectomy in non-obstructive azoospermia. IFFS/JSRM International Meeting 2015

7:菅藤哲 非閉塞性無精子症に対して低位結紮術を実施した精索静脈瘤の検討 第103回日本泌尿器科学会総会 2015年

8:菅藤哲 陰嚢痛に対する低位結紮術の臨床的有用性の検討 第34回日本アンドロロジー学会総会 2015年

9:菅藤哲 精索静脈瘤に対する顕微鏡下低位結紮術の有用性の検討 第53回東北生殖医学会学術講演会 2015年

10:菅藤哲 成人陰嚢痛に対するmicrosurgical subinguinal varicocelectomy with denervationの臨床的有用性の検討 第252回日本泌尿器科学会東北地方会 2015年

11:菅藤哲 小児精索静脈瘤に対するmicrosurgical subinguinal varicocelectpmyの臨床的有用性の検討 第252回日本泌尿器科学会東北地方会 2015年

12: Kanto S. Difference of Characteristics Between Sertoli Cell Only Syndrome and Uniform Maturation Arrest Revealed by Microdissection Testicular Sperm Extraction. American Urological Association Annual Meeting 2014

13:菅藤哲 これからのMicrodissection TESE—新たな挑戦— 日本受精着床学会 第10回ART生涯研修コース 2014年

14:菅藤哲 Microdissection TESE—462症例が教えてくれた無精子症の臨床病理—第11回東北ART研究会 2014年

15:菅藤哲 ゴナドトロピン療法後同じ術者と培養士によるsalvage microdissection TESEで運動精子回収に成功した非閉塞性無精子症の1例 第17回関東アンドロロジーカンファレンス 2014年

16:菅藤哲 Microdissection Testicular Sperm Extractionにより明らかとなってきたSertoli Cell Only SyndromeとUniform Maturation Arrestの臨床的特徴 日本生殖医学会総会 2013年

17:菅藤哲 東北圏医療機関との診療連携による男性不妊治療への取り組み 第51回東北生殖医学会 2013年

18:菅藤哲 不妊治療中無精子症となるも左低位結紮術後自然妊娠した精索静脈瘤の1例 第16回関東アンドロロジーカンファレンス 2013年

19:菅藤哲 conventional TESE/simple biopsy実施例に対するsalvage microdissection TESEの有用性の検討 日本受精着床学会総会 2013年

20:菅藤哲 自然妊娠に至った特発性中枢性尿崩症に伴う男性低ゴナドトロピン性性腺機能低下症の1例 日本アンドロロジー学会総会 2013年

21: Kanto S. The characteristics of Japanese azoospermic men revealed by outcomes of simple/microdissection testicular sperm extraction. American Urological Association Annual Meeting 2013.

22:菅藤哲 精索静脈瘤に対する低位結紮術及び腹腔鏡下高位結紮術における陰嚢内インジゴカルミン注入によるリンパ管染色の実際 日本泌尿器科学会総会 2013年

23:菅藤哲 国際医療福祉大学塩谷病院で前立腺生検を実施した98症例の臨床的検討 第74回日本泌尿器科学会栃木地方会 2013年

24:菅藤哲 低ゴナドトロピン性性腺機能低下症に対してゴナドトロピン療法後salvage microdissection TESEを行って運動精子を回収しえた症例 第15回関東アンドロロジーカンファレンス 2013年

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME